福岡市のクリニック、天神皮ふ科の情報はここでチェック!

HOME » お悩み別!天神皮膚科の美肌治療をリサーチ » 肝斑

肝斑

天神皮膚科では、肝斑の治療も行っています。治療法にはレーザートーニング・レーザーフェイシャル・イオン導入・ケミカルピーリングなどを取り入れています。

肝斑(かんぱん)とは?

肝斑とは、顔に現れる淡褐色のシミです。両頬やひたい、下あご、鼻の下などに、左右対称で地図のようにべったりと現れるのが特徴です。

日本人の皮膚は肝斑ができやすいと言われており、皮膚の色が浅黒い人ほど、その確率も高まるようです。30~40歳以上の女性に多く見られ、主に更年期やピル内服中、妊娠や出産時期に肝斑が現れることが多いようです。

肝斑の原因はまだよく分かっていませんが、まず考えられることは、女性ホルモンのバランスの変化に関係があるのではと、指摘されています。

また、肝斑は紫外線にあたりやすい顔の部位に現れ、紫外線を浴び続けると症状が悪化するため、この事についても何か関係があるのでは、と考えられています。 

肝斑の治療法

肝斑の治療法には、トラネキサム酸・ビタミンCやEの内服をしたり、コウジ酸・アルブチン・リノール酸などの美白剤を外用したり、ケミカルピーリングを行ったりすることが効果的だといわれています。

ただ、いずれも即効性があるわけではなく、効果がでるまでに時間がかかります。

天神皮膚科では、肝斑の治療にレーザートーニング・イオン導入・ケミカルピーリングなどを取り入れています。

中でも、QスイッチYAG(ヤグ)レーザーによる最新治療法の「レーザートーニング」は注目を集めています。レーザーのパワーは非常に弱く、無駄な刺激を与えずに、治療をすることができます。

これまで肝斑に対するレーザー治療は、逆に悪化させるため、やってはいけないと言われてきました。

しかし、レーザートーニングは、そんな肝斑の治療に使えるだけでなく、開いた毛穴やくすみの改善にも有効です。

天神皮ふ科の肝斑治療法3つをご紹介

1. 効率的に肝斑を改善する「レーザートーニング」

「レーザートーニング」は、長い波長をもつごく弱い照射力でレーザーを当てることで、肌の奥までレーザーを浸透させ、効率的に肝斑を改善できる治療法です。肝斑以外にも、シミやくすみなどの色素沈着の症状を改善することができます。

レーザートーニングはほかのレーザー治療とは異なり照射力が弱いため、ダウンタイムが必要ないという点も魅力です。すぐにメイクをすることができるので、気軽に施術を受けられる上に、「レーザー治療よりも短期間で肝斑が改善される」と口コミ評価の高い治療法のひとつです。

レーザートーニングは保険適用外の治療となり、一般価格が「16,800円」、天神皮ふ科の会員価格で「8,000円」となります。

2. 美肌効果がある「イオン導入」

イオン導入の治療は、弱い電流を肌に当ててバリア力を弱めた状態で、ビタミンCやトラネキサム酸といった栄養成分を肌の奥深くまで浸透させる治療方法です。

ケミカルピーリングなど、ほかの治療方法と並行して行うことで治療効果をさらに高め、肝斑を効率的に改善できるほか、ニキビや肌荒れなどにも栄養成分が行き渡るので、幅広い美肌効果が期待できます。

イオン導入も保険適用外となり、一般価格が「7,350円」、会員価格で「3,500円」になります。イオン導入で導入する栄養成分は市販のものよりはるかに高濃度なので、セルフケアでは得られない効果があること、また価格も手頃なことから人気のある治療法です。

ダウンタイムはほとんど必要なく、すぐに通常の生活ができる点が嬉しいですね。

3. 複数の肌トラブルを解決する「ケミカルピーリング」

ケミカルピーリングは、医療用のピーリング剤を肌に塗布して角質を除去し、肌の代謝機能を高めて肝斑やシミを改善する治療方法です。肝斑だけではなく、ニキビやくすみなどのさまざまな肌の悩みに効果があるので、複数の肌トラブルに悩んでいる人にもおすすめの治療になります。

こちらも保険適用外で、一般価格が「14,700円」、会員価格が「7,000円」です。 ケミカルピーリング後は肌がかなり敏感な状態になっていますので、施術後12時間ほどはメイクなどをせずダウンタイムを取る必要があります。施術を受ける際は、その後の予定がない日に行うようにしましょう。

 
ページの先頭へ
天神皮ふ科まるわかりガイド