福岡市のクリニック、天神皮ふ科の情報はここでチェック!

HOME » お悩み別!天神皮膚科の美肌治療をリサーチ » 肝斑

肝斑

天神皮膚科では、肝斑の治療も行っています。治療法にはレーザートーニング・レーザーフェイシャル・イオン導入・ケミカルピーリングなどを取り入れています。

肝斑(かんぱん)とは?

肝斑とは、顔に現れる淡褐色のシミです。両頬やひたい、下あご、鼻の下などに、左右対称で地図のようにべったりと現れるのが特徴です。

日本人の皮膚は肝斑ができやすいと言われており、皮膚の色が浅黒い人ほど、その確率も高まるようです。30~40歳以上の女性に多く見られ、主に更年期やピル内服中、妊娠や出産時期に肝斑が現れることが多いようです。

肝斑の原因はまだよく分かっていませんが、まず考えられることは、女性ホルモンのバランスの変化に関係があるのではと、指摘されています。

また、肝斑は紫外線にあたりやすい顔の部位に現れ、紫外線を浴び続けると症状が悪化するため、この事についても何か関係があるのでは、と考えられています。 

肝斑の治療法

肝斑の治療法には、トラネキサム酸・ビタミンCやEの内服をしたり、コウジ酸・アルブチン・リノール酸などの美白剤を外用したり、ケミカルピーリングを行ったりすることが効果的だといわれています。

ただ、いずれも即効性があるわけではなく、効果がでるまでに時間がかかります。

天神皮膚科では、肝斑の治療にレーザートーニング・イオン導入・ケミカルピーリングなどを取り入れています。

中でも、QスイッチYAG(ヤグ)レーザーによる最新治療法の「レーザートーニング」は注目を集めています。レーザーのパワーは非常に弱く、無駄な刺激を与えずに、治療をすることができます。

これまで肝斑に対するレーザー治療は、逆に悪化させるため、やってはいけないと言われてきました。

しかし、レーザートーニングは、そんな肝斑の治療に使えるだけでなく、開いた毛穴やくすみの改善にも有効です。

 
ページの先頭へ
天神皮ふ科まるわかりガイド